閉じる
更新日付 : 2018/03/20
海外情報

プエルトリコの仮想通貨事情

プエルトリコは仮想通貨を政府全体で後押し

最近の海外金融メディアを見ていると、仮想通貨に関連する報道が増加している。

仮想通貨産業の注目すべき国がCNBCで記事になっているので紹介したい。(本文

 

概要としては、仮想通貨の専門家及び起業家から見てプエルトリコが仮想通貨ビジネスを行う上で注目に値する地域であるという内容である。

主な理由は、政府が仮想通貨産業をサポートするスタンスであり、プエルトリコの行政機関がブロックチェーンビジネスの成長を促進するために諮問委員会を設立したという点が評価されているようだ。政府関係者のコメントでは、投資家とプエルトリコの状況がWin-Winの関係となり仮想通貨市場拡大になることを願っているとの事だ。

プエルトリコは、アメリカ合衆国主権下の保護領であり、税制メリットも提供しているようである。

 

ビットコインに強気な姿勢を示す Brian Kelly氏曰く、プエルトリコ政府は新たな方法で新規ビジネスを創出しようとしていると言及している。またこのような構想が実現可能な地域としてスイス、シンガポール、香港が挙げられている。

 

世界には仮想通貨業界に規制をする国家・政府が存在する一方、プエルトリコのようにビジネスチャンスの好機ととらえて政府全体で後押しする国家も存在する。

政府がサポートする姿勢は中長期的にどの程度の経済活性化、雇用等に繋がるか興味深い。

【証券投資に係るリスク】 当サイトに掲載された投資助言には、主として国内外の株式、公社債および投資信託証券(リート)など、値動きのある金融商品等(外貨建資産に投資する場合には為替変動リスクもあります。)への投資を含みますので、市場価格の下落により損失を被るほか、市場環境の変化、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障をきたし、換金できないことにより投資元金を大きく割り込むことがあります。また、デリバティブ取引、信用取引の額は、その預託すべき委託証拠金その他の保証金を上回る可能性があります。金融商品等への投資は、お客様ご自身の判断と責任において行うよう、ご承知おきください。 【目的】 当サイトによる投資助言サービスは、お客様への情報提供を目的に作成したもので、ここで取り上げた金融商品の投資勧誘を目的としたもの、および売買を指示するものではありません。当サイト上およびレポートに記載した見通し、予測、意見等は作成日現在のものです。将来の景気、値動き等を保証するものではなく、また今後予告なしに変更される場合があります。当サイトおよびレポートの作成にはあたって情報の正確性には万全を期しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、当サイトおよびレポートは、法令に基づく開示資料ではありません。